ワイン

ワインワイン

ワイン・ニュース

▼オスピス・ド・ボーヌが2024年より有機栽培BIOの認証取得
▼ポムロールのシャトー・クリネが隣接するシャトー・レキュイエを買収
▼ルイ・ファブリス・ラトゥール氏逝去
▼ペンフォールドの新作、ボルドー格付けワインとオーストラリア・シラーズのブレンド
▼ドメーヌ・デ・ランブレイが大きく変わる
▼シャトー・シュバル・ブランが隣接シャトーを買収
▼アルザスワインの法規変更 ピノ・ノワール使用のアルザス・グランクリュが可能に
▼さらにサンテミリオン格付けから脱退 シャトー・ラ・ガフリエール

▼イゾレ・エ・オレーナ(トスカーナ)がビオンディ・サンティを所有するEPIグループに買収
▼ギガルが買収、タヴェルロゼのトップ生産者 シャトー・ダケリア
▼ムルソー村でシラー種を新植  地球温暖化最前線
▼オーメドック 新村名AOCサン・スーラン・ド・カドルヌ への道
▼ジュブレ・シャンベルタンの ジル・ブリュゲ Gilles Burguet 氏 逝去
▼格付け5級シャトー・ドーザックがアメリカ産台木なしのスペシャルキュベを商品化
▼ムルソー単独所有畑 “クロ・リシュモン” 新たな生産者へ
▼ラモネの新作 ブルゴーニュ・ブラン・シャルドネ レデュロ
▼次世代ボルドー、カステ種 & マンサン種 のワインを試飲
▼DRC ドメーヌ ド ラ ロマネコンティのオベール ド ヴィレーヌが正式に引退
▼過去最高の落札総額となったオスピス・ド・ニュイサンジョルジュのワイン競売 2021年ミレジム
▼最終判決「2012年のボルドー・サンテミリオン格付けは有効」
▼ロシア資本のジュラのドメーヌ・ガヌヴァ、ラングドックのプリウレ・ド・サンジャン・ド・ベビアンの行方、2022年3月17日続報あり
▼ルネ・ドーヴィサ氏逝去(シャブリのドメーヌ・ドーヴィサ)
▼ドメーヌ・トラぺの新キュベ、ジュヴレ・シャンベルタン Cuvée ”1859”
▼南フランス・ローヌ地方のAOCジゴンダスが白ワインを認可へ
▼格付けボルドー最大面積を持つシャトー・ラトゥールカルネ がさらに畑を拡張
▼アルザスワインの甘さ・残糖表示。2021年ミレジムからの表示義務とその問題点

ワイン特集記事

▼徹底解説 サンテミリオン2022年格付け
▼辛口ソーテルヌ新作発表から読み解くこの産地の現状と未来
▼復活したフランス最古の銘醸ワイン産地 ヴィエンヌ – セイシュエル Vienne – Seyssuel その1
▼復活したフランス最古の銘醸ワイン産地 ヴィエンヌ – セイシュエル Vienne – Seyssuel その2
▼サンプルサンのワインとブドウ品種サシー Sacy
▼アメリカ産台木を使用しない フラン ド ピエ Franc de Pied(接ぎ木なし自根)のキュベを生産・販売しているフランス・ワイン生産者のリスト

 

ワイン

詳解 サンテミリオン2022年格付け

ワイン

オスピス・ド・ボーヌが2024年ミレジムから有機栽培BIOの認証取得

ワイン

シャトー・クリネが隣接するシャトー・レキュイエを買収

ワイン

ルイ・ファブリス・ラトゥール氏逝去

ワイン

ぺンフォールドの新作、フランス格付けボルドーワインとオーストラリアのシラーズをブレンド

ワイン

ドメーヌ・デ・ランブレイが大きく変わる

ワイン

シャトー・シュバル・ブランが隣接シャトーを買収 その詳細

ワイン

アルザスワインの法規変更 ピノ・ノワール使用のアルザス・グランクリュが可能に

ワイン

ビオンディ・サンティ、シャルル・エイドシック所有のEPIがイゾレ・エ・オレーナ(トスカーナ)買収

ワイン

シャトー・ラ・ガフリエールがサンテミリオン格付けから脱退を発表 その理由とは

ワイン

オーメドック 新村名AOC サン・スーラン・ド・カドルヌ への道

ワイン

ギガルが買収、タヴェルロゼのトップ生産者 シャトー・ダケリア

ワイン

ジュブレ・シャンベルタンの ジル・ブリュゲ Gilles Burguet 氏 逝去

ワイン

フラン ド ピエ (アメリカ産台木なし、自根のみ)のフランスワイン生産者リスト

ワイン

格付け5級シャトー・ドーザック、アメリカ産台木なしのスペシャルキュベ(1本約20万円)を商品化

ワイン

ムルソー村でシラー種を新植 地球温暖化最前線

ワイン

ムルソー単独所有畑 “クロ・リシュモン” 新たな生産者へ

ワイン

辛口ソーテルヌ新作発表から読み解くこの産地の現状と未来 ワイン特集記事

ワイン

ラモネの新作 ブルゴーニュ・ブラン・シャルドネ レ デュロ

ワイン

次世代ボルドー、カステ種 & マンサン種 のワインを試飲

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました