南フランス・ローヌ地方のAOC ジゴンダス、白ワインを認可へ

南仏コートデュローヌ地方のワイン産地、ジゴンダスの白ワイン(ジゴンダス・ブラン)が2022年に認可される見通しとなった。フランス Le Mondeが2022年2月末に報じた。

ジゴンダスのエチケット

1971年1月6日の政令によってAOCを取得したジゴンダスは、赤ワインとロゼワインのみが認められている。これが2022年ミレジムからジゴンダスの白ワインが可能となる。これまでAOCジゴンダス内で生産された白ワインはAOCコート デュ ローヌ ブランであったが、ジゴンダス ブランとなる。

ジゴンダスの生産者にこの話を聞くと、「AOCジゴンダスの白ワイン? 只今協議中。そのうち認可されると思うよ。もう少しお待ちください。」という状態が長く続いていた。ようやく議論がまとまり、オフィシャルとなったようだ。

ジゴンダスの地には、昔から白品種が植えられていた。しかし、1971年のAOC取得後、大部分の白品種は引き抜かれた。しかし、一部の生産者は白品種の樹を残し、今に至る。ジゴンダス周辺のAOC、ヴァケイラスやセギュレ、サブレは白ワインが認可されており、「なぜジゴンダスは白ワインが認可されていないのか?」と逆に不思議な状態が続いていた。「AOCが出来た頃、高品質な白ワインをつくる生産者がこの地にいなかったので、ジゴンダスに白ワインを含めなかった。」というのが現実で、今となっては古めかしい規則となっていた。2021年にAOC創設50年となり、これを本格的に変えていこうとしているようだ。

品種構成だが、クレレット種が主体で、最低70%が義務となりそう。

比較的平坦なシャトーヌフ・デュ・パプと違い、AOCジゴンダスは傾斜のある場所。多彩なテロワールを持ち、標高が高い場所は冷涼で、白品種に向くと考えられている。今後の展開が楽しみだ。

情報ソース:https://www.lemonde.fr/vins/article/2022/02/27/le-vin-blanc-de-gigondas-se-recoltera-aux-prochaines-vendanges_6115476_3527806.html

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました